www.shinden-games.com

.

.


為替介入(外国為替市場介入)というのは知っていますか?日本銀行が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞、雑誌、テレビ番組、グーグルの報道記事でご覧になった方も多いでしょう。そもそも為替介入というと我が国の場合、財務大臣が為替相場の安定化を実現するために遂行する戦略と評価されています。要は、急激な円高もしくは円安の際に財務大臣のお達しに従って中央銀行(日本銀行)円を売買することで為替のレートの安定化を狙うものを言います。為替介入(外国為替平衡操作)には方法があるのです。1.単独介入・・・行政機関もしくは中央銀行(日本銀行)が、東京市場において積極的に市場に加わり外国為替市場介入(為替介入)をする。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが話し合ったうえで、各々の通貨当局のお金を利用して一斉にないし少しずつ外国為替平衡操作(為替介入)を実行していく。3.委託介入・・・外国の銀行などへ向けて外国為替平衡操作(為替介入)を依頼する。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他国の銀行などに成り代わり為替の介入を執行する。この通りやり方があります。いずれのやり方の為替の介入も短期に、しばらくの間為替のレートに多くのインパクトを与えます。為替の介入の資金は当然ですが自国の誇りをかけているだけに桁違いです。円を基本に考えると、日頃はほんの少し変動している円相場が一気にかなり動きをするのです。投資家の方ならば過去に経験したことがあると推測できますが、そこまではスムーズに含み益(あるいは含み損)が増えていたポジションを持続していたところに、維持しているポジションが決済したとのことで情報がFX業者からメールが来ました・・・得になったのかな(損失が出たのかな)?と考えながら決済の報告を確認したら自ら見込んでいた結果とはまったく逆の状況になってしまい驚いたといったパターンがよくありました。外国為替平衡操作(為替介入)が行われた時に多く聞いた話なのです。以上のように為替介入(外国為替平衡操作)を実施すると市場の流れと逆の変化をするのです。なおかつ変動する金額の大きさはものすごく大きく大幅に変わりますので用心が必要です。